五月人形の飾り方 | 京都島津

五月人形の飾り方と、しまい方を詳しく解説しています。


>> P.1

五月人形は、親から子どもへのみらいに向けた大切な贈りもの。子どもを想う気持ちは、赤ちゃんが成長し、やがて大人になっても、ずっと変わることのない何よりも大切な家族の絆です。毎年のお節句のたびに﹁ずっとずっと、しあわせでありますように。﹂という、家族の想いを込めてお子さまと一緒にお飾りください。飾る前にお人形をお飾りになるときは、直射日光が当たる場所や湿気の多い場所はさけましょう。箱からお人形をお出しになるときは、手の汚れが移ったりつめで傷つけたりすることがないように白手袋をはめましょう。特に金属部分は、サビや変色の原因になるので、直接素手で触れないようにしましょう。1


<< | < | > | >>