五月人形の飾り方 | 京都島津

五月人形の飾り方と、しまい方を詳しく解説しています。


>> P.3

3大鎧の組み立て方⑫前立(まえだて)・龍頭(りゅうづ)吹返し(ふきかえし)⑪鍬形台(くわがただい)鳩尾板(きゅうびのいた)⑥草摺(くさずり)⑦面頬(めんぽう)⑩鍬形(くわがた)①鎧櫃(よろいびつ)⑧臑当(すねあて)⑨毛履(けぐつ)⑤籠手(こて)栴檀板(せんだんのいた)④大袖(おおそで)忍緒(しのびお)②佩楯(はいたて)①②鎧櫃①の蓋を開け、佩②の帯を蓋の左右の角にひっかけるようにしてそわせながら、帯の端の部分を蓋の内側に巻き込んでください。1※前立・龍頭のない仕様もあります。


<< | < | > | >>