ひな人形の飾り方 | 京都島津

雛人形(ひな人形)の飾り方と、しまい方詳しく解説しています。


>> P.3

3七段目263745988101116171718182021222325263132333427283029241912131514113十五人飾り︵七段︶お人形やお道具が多い七段飾りは中心をきめて左右バランス良く飾りましょう。①雪洞(ぼんぼり) ②男雛(おびな) ③親王台(しんのうだい)④屏風(びょうぶ) ⑤口花台・口花(くちばなだい・くちばな) ⑥女雛(めびな) 六段目⑦長柄銚子(ながえのちょうし) ⑧高杯・丸餅(たかつき・まるもち)⑨嶋台(しまだい) ⑩加銚子(くわえのちょうし) 五段目四段目⑯左大臣(さだいじん) ⑰菱台・菱餅(ひしだい・ひしもち)⑱御膳(おぜん) ⑲右大臣(うだいじん)三段目⑳桜(さくら) 怒・熊手(おこり・くまで) 泣・塵取(なき・ちりとり)笑・箒(わらい・ほうき) 橘(たちばな) 二段目一段目御所車(ごしょぐるま) 重箱(じゅうばこ) 御駕籠(おかご)  毛仙(もうせん)茶道具(ちゃどうぐ) 針箱(はりばこ) 鏡台(きょうだい) 火鉢(ひばち) 両掛・長持(りょうがけ・ながもち) 箪笥(たんす) ⑪謡・扇(うたい・おうぎ)⑫笛(ふえ) ⑬小鼓(こつづみ)⑭大鼓(おおつづみ)⑮太鼓(たいこ) 


<< | < | > | >>