ひな人形の飾り方 | 京都島津

雛人形(ひな人形)の飾り方と、しまい方詳しく解説しています。


>> P.5

5お人形の手や腕に、そっと差し込んだり引っかけたりして小道具を持たせましょう。小道具を取り付けましょう桧扇親王五人囃子〈紐のかけ方〉太刀纓えい冠笏しゃく※纓(えい)は冠のうしろの穴に差します。 笏(しゃく)は右手、太刀は左の腰の袖の下に差してください。扇扇笛笛小鼓大鼓大鼓小鼓枹太鼓太鼓太刀(5本)女雛の御道具男雛の御道具※太刀は腰に差すか、前に置いてお飾りください。※手元は非常に繊細ですから小道具の持ちにくい場合は、前に置いてお飾りください。※小道具をうまく持たせられない時は、腕の針金の入っている部分を少し動かして持たせやすくします。 手元ではなくひじの部分を動かすのがコツです。


<< | < | > | >>