ひな人形の飾り方 | 京都島津

雛人形(ひな人形)の飾り方と、しまい方詳しく解説しています。


>> P.12

❽次におやすみセット︵人形用防虫剤︶を入れます。※おやすみセット以外の防虫剤をご利用の場合、お人形に直接触れないように、また、入れ過ぎにもご注意ください。12ひな人形のしまい方おやすみセット❻お人形を箱にそっと入れます。❼その上にさらに枕紙を縦に詰めます。❼お人形と並行に枕紙を詰めます。❺小道具をそれぞれの箱に納めます。❻お人形の準備が終わったら、次は箱に入れていきます。❼お人形を箱に入れたら、着くずれしないように軽く、人形が動かない程度に枕紙︵設え付けの紙︶を詰めます。お人形は、直接手を触れずに、白手袋を利用してください。ほこりは、毛バタキを使って、やさしくていねいにはらってください。変色するなど古くなった枕紙は、新しいものと交換してください。ご注意おやすみセットの適正な量 ︽十五人飾りの場合︾親王・五人囃子は各2ケ、官女・随臣・仕丁・桜橘・雪洞は各1ケ程度お入れください。おやすみセット・枕紙は、    直営店にて販売しております。


<< | < | > | >>