ひな人形の飾り方 | 京都島津

雛人形(ひな人形)の飾り方と、しまい方詳しく解説しています。


>> P.13

帯祝いから喰べ初め、七五三、十三参りまで、お子さまの成長の証としての通過儀礼をご家族の想いとともに大切に祝ってあげてください。帯祝い13生まれるその日まで、健やかに妊娠五ヶ月目の戌︵いぬ︶の日。この日に腹帯を巻き、お母さんとおなかの赤ちゃんが、健康で無事に出産を迎えられることを祈ります。戌の日は、軽いといわれる犬のお産にあやかるため。腹帯が岩田帯と呼ばれるのは、岩のように丈夫な子供であるようにとの願いからです。また、腹帯には、大きくなったお腹をささえ、冷やさない効果があり、医学的にも意味のあるしきたりです。お七夜・命名パパ・ママの想いを名前に託してお宮参りはじめまして、氏神さまにごあいさつです生まれたばかりの赤ちゃんも、生後一ヶ月もたてば、氏神さまにお参りし、一人前の氏子の仲間入りをします。ふつう、男の子は生後三十一日、女の子は三十二日目ごろ、首もしっかりすわってきたころに行います。赤ちゃんが戸外に出る日ですから、天候・気温にも気配りを。お天気の良い吉日を選びましょう。お宮参りに関する情報はホームページにてご覧になれます。喰べ初め食べ物に恵まれますようにところによっては﹁箸祝い﹂とも呼ばれ、生後百日目ごろ行われます。﹁この子が一生食べものに恵まれますように﹂との願いを込めて、ご紋の入った漆塗りの膳を揃え、赤飯、尾頭つきの鯛、蛤、里芋、紅白なますなど、おめでたい献立で祝います。喰べ初め膳に関する情報はホームページにてご覧になれます。お七夜は、赤ちゃんが生まれて七日目のお祝い。この日に命名し、親せき、仲人、友人など親しいおつきあいの方々に、新しく家族の一員になった赤ちゃんの名前をご披露します。お七夜に行う命名式は、生まれて初めての通過儀礼です。できれば、奉書紙などに﹁命名﹂と記し、名前と生年月日、名付け日、両親の名前をしたためた命名書を用意したいもの。赤ちゃんにとってよい記念となります。命名に関する情報はホームページにてご覧になれます。


<< | < | > | >>