ひな人形の飾り方 | 京都島津

雛人形(ひな人形)の飾り方と、しまい方詳しく解説しています。


>> P.15

15明治後期の店頭風景「山城のみやこいかにと春秋の花に紅葉におもいやりつつ」。これは、明治天皇が京都から東京へ移られた後に、千年の都として栄えた京都への郷愁を歌われたものです。桓武天皇が平安京を開かれてから明治二年まで実に1075年もの間、宮廷を中心とする高雅の文化を繚乱と咲かせた京都。それは日本のいにしえよりのあこがれの地であり、永遠の心のふるさとです。初代当主・嘉助はこの京の都で伊勢屋三左衛門につかえ、天保四年︵1833年︶に創業。後に禁裏御用達の司となり、有職の匠としての技と名工の誉れを継承。五代目当主・信次は、昭和天皇御大典の盛儀に当って祭具御用達の名誉を賜りました。即位御大典は昭和三年十月、京都御所で執り行われました。威儀を正した大礼使から御下命があったのは、御即位の神器を奉載する神具であり、大礼のもっとも重要な儀式に用いられる御道具でした。御下命の栄にあたり、五代当主・信次は何度か上京して宮内庁を訪れ、謹製の準備をすすめました。そして、斎戒沐浴して製作に没頭し、約一カ月の時を経て完成。宮内庁所定の納所、京都御所に礼服を着て納入したと伝えられています。このようにして、五代当主・信次にとっても、京都島津にとっても、この時の誉れは末永く記念されるものとなりました。時を惜しまず、名を惜しむ。それが、京都島津の逸品にそそぐ心意気であり、その誇りはいまも代々に受け継がれています。の歴史御大典宮内庁御用達


<< | < | > | >>