ご結納式のすべてを京都島津がお支度いたします

 

華やかな結婚式・披露宴、心浮き立つ新婚旅行に目が向きがちですが、結婚には社会人としての自覚と責任が必要です。これが欠けていては、お二人がどれほど愛し合っていても新婚生活に波風が立ちがちです。そのために、結婚に対する揺るぎない意思を示す儀式である結納を行い、社会人への決意の一歩を踏み出すのです。「これでけじめがつきました」と結納をされた多くの方々が実感されています。

結婚生活はお二人だけでは成り立ちません。周囲の方々との良好な関係を作り上げ、保っていかなければなりませんが、特に大切なのがご両家のご家族の力添えです。結納式はお二人のご両親やご家族が顔を合わせ、心の絆を深める機会です。だからこそ、ただ結婚の許しを得るだけでなく、ご両家が正式にご挨拶を交わす結納の儀式を重視する必要があるのです。

結納は男性側が結婚への意思を込めて女性側のご両親と結婚相手に贈りものをするという寿ぎの儀式です。それだけに、豪華さを競う必要はありませんが、なによりも相手方が喜ばれる心が伝わる贈りものをお支度しなければなりません。たとえば、お住まいがマンションで「床の間もないので簡略で結構です」というお気遣いの言葉があったとしても、人生の大きな節目にふさわしい結納飾りを選ぶようにすべきです。

伝統に則った結納式では仲人を立てます。しかし、最近では仲人を立てないケースも多くなってきました。また、仲人がご両家に伺い、結納品を取り交わすのが本来のかたちですが、今日では嫁方に出向いて結納を執り行うのが一般的になりました。また、最近ではホテルや料亭などに両家が集い、儀式を行う形式も増えています。いずれにしても、結納の意味をしっかりとわきまえたものであれば、特にかたちにこだわることはありません。

結納式が結婚の決意を確認し、ご両家のご家族がはじめて心を通わす機会である以上、結婚式よりも結納式の日取りを優先して決めることになります。しかし、実際には結婚式や披露宴の日取りを決定してから逆算して結納式の日時をお決めになるケースが非常に多くなっています。すでにスケジュールが進行している場合はいたしかたありませんが、まず結納式をお考えください。結婚は結納からはじまるのです。

結納の品揃えは熨斗・末廣・帯地料・結美和・高砂・寿留女・子生婦・柳樽料・松魚料などです。ここから5品目、7品目、または9品目のすべてを贈ります。品目の数が奇数になっているのは、古来より奇数が「陽」、偶数が「陰」を表し、寿ぎの数には縁起の良い奇数が用いられていたことに由来します。いずれの品にも金銀の水引をかけ、受け取る側から見て右金左銀とします。これらに合わせて両家の家族・親族を紹介する「家族書」「親族書」を取り交わします。

(1)「熨斗」は不老長寿を意味する寿ぎの品です。(2)「末廣」は一対の白い扇で、純白無垢と末広がりを象徴したものです。(3)「帯地料」は結納金。(4)「結美和」は愛を誓う指輪です。(5)「高砂」は尉と姥の人形で、互いに白髪になるまで中睦まじくという願いを表しています。(6)「寿留女」は古来より大切な保存食であったスルメに家庭を守る女性を例えています。(7)「子生婦」は昆布のことで、その漢字が示すように子宝・子孫繁栄の祈願。(8)「柳樽料」は多くの福に恵まれるようにとの願いを込めた柳の木の酒樽です。(9)「松魚料」は鰹節のことで、男性の立身出世を祈願する品ですが、これも現金を包みます。

結納の品揃え 7品の場合

  • 熨斗(鶴飾り)
  • 末廣(亀飾り)
  • 帯地料(松飾り)
  • 結美和(ゆびわ)
  • 松魚料(梅飾り)
  • 高砂
  • 柳樽料(竹飾り)

結納の品揃え 5品の場合

  • 熨斗(鶴飾り)
  • 末廣(亀飾り)
  • 帯地料(松飾り)
  • 柳樽料(竹飾り)
  • 松魚料(梅飾り)

結納の品揃え 9品の場合

目録

  • 結納の品揃えと数を記したものです。
  • 「柳樽料」「松魚料」は結納金の一割以内が目安で、別に包みます。
  • 現品、その他の附随品(指輪・時計等)が付く場合も目録に記します。

家族書

  • ご一緒にお住まいのご家族を記します。
  • 父母、祖父母、兄弟姉妹、甥姪と年齢順に記し、本人は末尾に書き入れます。
  • 兄や妹でも分家または嫁がれておられる場合はご親族に入ります。

親族書

  • 本人から見て伯父(叔父)、伯母(叔母)の範囲のご親族を記します。
  • 本人の兄弟姉妹での分家または嫁がれておられる方の戸主を書き、次に父方、母方のご親族を記します。

受書

  • ご結納を確かに受けとりましたという意味の受領書。女性側から男性側へ納めます。
  • 男性側がご用意され、事前に女性側へお渡しされておくのが丁寧です。

京都島津では大切なお役目を終えた結納飾りの水引を用いて、お正月飾りの「羽子板」に仕立て直しいたしております。お二人の寿ぎの門出を結んだ誓いの品を末永く初春のお飾りとしていただく京都島津ならではのご提案です。また、毎年「結納感謝祭」も開催いたしております。お子様のご誕生を機に、感謝祭にお納めいただければ、心を尽くしてご供養させていただきます。

  •  
  •  
  •  
  •  

Copyright ©Kyoto Shimazu. all rights reserved.