迎春羽子板飾りなら京都島津

 

お嬢様の初正月のお慶びを彩る縁起飾り

お正月に数え年で一年目のお誕生日を寿ぎ、女児に美しい「羽子板」を贈り飾り、その後もお正月を迎える度に年齢を数えお祝いするのが日本古来からの寿ぎのしきたりです。有職京ものならではの雅な趣に満ちた京都島津の招福「羽子板飾り」を本年も多彩にご披露させていただきます。

「羽子板」の歴史は室町時代にまでさかのぼります。当時、「羽子板」は「羽子木板(はこぎいた)」とも称され、この上の一字を略して「胡鬼板」という当て字を用いることもありました。「羽子板」で突く羽根の黒い玉には「むくろじ」という大木の種が用いられ、これを漢字で「無患子」と書き記し、「子どもが患わない」という意味が込められたといわれています。また、羽根は益虫のトンボに見立てられて、お正月に羽根を突くと、夏になっても蚊に食われないと信じられてきました。当初の「羽子板」には迎春のお役目を終えた門松などを焼く左義長(さぎちょう)を描きましたが、江戸時代になると歌舞伎役者を押絵で表したものが流行し、その後、「勧進帳」や「道成寺」など歌舞伎の演目から題材を採った羽子板が登場します。

  • プリント
  • プリント
  • プリント

Copyright ©Kyoto Shimazu. all rights reserved.