雛人形(ひな人形)の選び方、チェックポイント

 

顔の造形をチェック

雛人形(ひな人形)のお顔全体を「頭(かしら)」と称します。気品に満ちた切れ長で伏せ目がちな「うりざね顔」が雛人形(ひな人形)の特徴です。念入りに上塗りを繰り返した「頭」や一本一本を手梳きで結い上げた「おすべらかし(王朝髪)」の麗しい趣、口もとの京紅など、「有職雛」の高貴さが際立ちます。

かしら

衣装の材質をチェック

衣裳は京都の伝統美を象徴する西陣織の金襴や唐織り紋無金の裂地で、衿や袖口の重ね具合い、長袴のはかせ方まで有職の史実考証に基づいて忠実に公家装束を再現しています。女雛の衣裳柄は「亀甲地胡蝶文」で、「亀甲」も「胡蝶」も寿ぎの祭礼にふさわしい吉祥文です。十二単などで、衣裳の縫い目の柄を揃えることを絵羽合わせといい、非常に細やかで難しいとされています。京都島津では、職人工房の匠たちが厳しい匠の眼で一つひとつ選び織りなしています。

有職文様
衣装

後ろ姿をチェック

京都島津の有職ひな人形は、職人工房の匠によって一つひとつ、寿ぎの心を込めて手づくりした逸品です。
一に「頭」、二に「衣裳」と言われるひな人形ですが、後ろ姿や人形の手の折り方、小道具などの細部にいたるまで史実考証に基づき、時を注いで仕上げています。殿を下から見て頂ければ、あぐらをかいている足と長袴のはかせ方まで、しっかりとつくられていることがわかります。また、金属、木竹、和紙などの素材も、昔ながらのものを用い、手仕事で細工しています。

後ろ姿

大きさをチェック

京都島津では、今日の住まいに応じてさまざまな大きさのお飾りを取り揃えております。
優美華麗なひな人形を象徴するのが、お飾りとして最も大きく段数も多い「十五人飾り《七段》」。また、有職の美が映える「五人飾り《三段》」、親王様だけをお飾りする「親王飾り」などがあります。
どのお飾りにするかお迷いのときは、先にお飾りになる場所をお決めになり、その間口・奥行・高さを測り、お飾りの寸法と照らし合わせてみるのも上手な選び方の一つです。

サイズの目安 十五人飾り 五人飾り 親王飾り

雛人形ラインアップ

  • 十五人飾り

    十五人飾り

  • 五人飾り

    五人飾り

  • 親王飾り

    親王飾り

  •   プリント
  •   プリント
  •   プリント
  •   プリント
  •   プリント
  •   プリント

Copyright ©Kyoto Shimazu. all rights reserved.