京有職の高雅な美の心を継承する匠衆

 
  • 京都島津の歴史
  • 職人工房
  • 海外・国内人形寄贈

職人工房

お子さまの成長を永きにわたって見守り、愛され続ける人形は、
一切の妥協なく、有職故実に基づいた美を追究する匠の技によって生まれます。
一体一体に真摯に向き合う職人が、人形に「真心」を吹き込みます。

龍野 信也

  • 京人形伝統工芸士
  • 一般社団法人日本人形協会認定 節句人形工芸士

六代・豊泉に師事し、その厳しい教えを守り、初節句をお迎えのお子様の健やかなご成長と幸多き未来を願い一品一品に寿ぎの心を尽くして極上の有職京ものをお支度しております。工芸士展への出品など、一作一作入魂の人形づくりを積極的に取り組んでまいります。

□ 経 歴 □

1963年 京都に生まれる
1988年 有職庵にて節句人形制作に従事する
2002年 京都有職ひな人形博覧会出品
  京都有職五月人形博覧会出品
2003年 京都有職節句人形博覧会出品
2005年 日本人形協会 節句人形工芸士展 親王「華苑」出品
2009年 日本人形協会 節句人形工芸士展 官女「春麗」出品
2015年 日本人形協会 節句人形工芸士展 稚児雛「紫光」出品
  京人形逸品展 次郎左衛門雛「春鶯」出品
2019年 京人形伝統工芸士会
  創立30周年記念作品展 稚児雛「兆」出品
龍野 信也

中山 博元

  • 一般社団法人日本人形協会認定 節句人形工芸士

有職京ものは千年余の時を超えて受け継ぎ高める京文化の象徴です。その高雅な美の心を次代へ継承することが私たちの務めであり、また誇りです。節句人形を通じてお子さまの寿ぎの祭礼にお仕えできることを何にも優る歓びとして、これからも正統の美を極めるために、精魂を注いでまいります。

□ 経 歴 □

1974年 京都に生まれる
2001年 有職庵にて節句人形制作に従事する
中山 博元

Copyright ©Kyoto Shimazu. all rights reserved.