大切な命名書を心を込めて代筆いたします

 

愛らしい赤ちゃんの最初の寿ぎの儀式「命名」。お名前の記した命名書は、お子様とご家族の一生の宝物です。命名のお支度を日本のゆかしい通過儀礼を通じて、お子様の健やかなご成長にお仕えする京都島津がお手伝いさせていただきます。

かけがえのない尊い生命の誕生をご家族・ご親族が集って寿ぎ、人間の世界に迎え入れる通過儀礼が命名です。赤ちゃんに対する初めてのお祝いの儀式ですから、ゆかしい古式に則ってできる限り盛大に執り行うようにしたいものです。ちなみに、この行事が「お七夜」と呼ばれるのは、出産から7日もたてば、産婦の体力も回復し、赤ちゃんの健康状態も把握できるからです。

命名の儀式はお誕生日から7日目のお七夜に行うのが一般的です。赤ちゃんのお名前は出産前から候補をあげてご家族でご相談される場合が多いようですが、ご両親でお考えになる以外に、名付け親を立てたり、神社などで縁起のよいお名前をいくつかいただき、その中から選んだりする方法もあります。

命名書の用紙には横長の奉書紙を用います。これを三つ折りにして、内側の右部分に「命名」と記し、中央にお子様の続柄(長男・長女等)、お子様の名前と生年月日を書き、左に命名者の名前を添えます。

命名書は神棚や仏壇の前に供えたり、床の間に色紙幅に掛けて飾ったり、赤ちゃんの枕元に貼るなどして披露します。命名の儀式は大切なお祝い事なので、ご両家の方々や親しい皆様をお招きして心尽くしの祝宴を催します。ただし、産後間もない母親に無理のないようにしてください。当日のお写真はお子様とご家族にとってかけがえのない一生の想い出になります。

最近では命名書を可愛い額に納めて飾られるご家庭も少なくないようですが、かつてはへその緒と共に神棚か仏壇に保存するのがならわしでした。へその緒は護符として大切にしてきたからです。ご家庭に神棚や仏壇がない場合は箪笥などに仕舞い、お子様が大きくなられるまで保管するようにしてください。

出生届はお子様がお生まれになってから14日以内にお子様のお生まれになった場所あるいはご両親の本籍地、現住所の市町村役場に提出しなければなりません。提出時には出生届、届出人の印鑑、母子手帳(国民健康保険に加入している場合はその保険証も含む)が必要です。正当な理由なく届出が遅れると届出義務者に過料が科せられますので注意してください。

大切な命名書を心を尽くして代筆いたします。お申し込みはコチラ
  • 豊(ゆたか)
  • プリント
  • プリント
  • プリント
  • プリント
  • プリント
  • プリント
  • プリント
  • プリント
  • プリント

Copyright ©Kyoto Shimazu. all rights reserved.