生涯、食に恵まれるようにとの願いを込めた喰べ初めの儀式

 

「喰べ初め」の日には祝膳をお支度して介添え役が赤ちゃんを膝に抱き、一汁三菜を食べさせる真似をします。生涯、食に恵まれるようにとの願いを込めた日本の古来からのゆかしい寿ぎの儀式を京都島津がお手伝いさせていただきます。

現代のように医療をはじめとする出産環境に恵まれなかった時代に、生まれて間もない赤ちゃんの無病息災を願って行われた通過儀礼が喰べ初めの儀式です。 この日、神々の力が宿ると信じられていたお米や小石をお膳の上に並べて子どもに食べさせる真似をしたのが今日の作法へと変遷してきたのです。

「一生、満ち足りた食に恵まれますように…」というご家族の願いを込めて、赤ちゃんに初めてご飯を食べさせる寿ぎの儀式が「喰べ初め」です。「箸初め」、「箸揃え」といった別称も受け継がれています。また、寿ぐ日も生後100日目あるいは110日目、120日目と違いがあります。一般的にはお誕生日から100日目をめどに執り行います。

本膳には一汁三菜をお支度するのがならわしです。お赤飯にすまし汁、煮物、香の物、鯛などの尾頭つきの焼き魚が基本で、歯固の願掛けとして小石や餅を添える場合もあります。器の色は男児が朱、女児が内朱外黒で、素材は素焼または塗器、箸は柳箸を用います。また、かつては白の産着から晴れ着に着替える「お色直し」の儀式もありました。

箸役は祖父母など長寿の方にお願いするのが一般的です。赤ちゃんを膝の上に乗せ、お箸を口元に持って行き、食べさせる仕草をします。食事の順番はご飯・汁・ご飯・魚・汁・ご飯・汁の順番で、これを3回繰り返します。また、歯固めの小石や餅も噛ませるふりだけで十分です。

「喰べ初め」は「命名の儀式」(生後7日目)、「お宮参り」(生後30日前後)に続く赤ちゃんの大切な通過儀礼です。ぜひ、ご家族お揃いで晴れやかにお祝いになり、記念の写真や映像を残すようにしてください。儀式についてお確かめになりたい点があれば、どうぞお気軽に京都島津までお問い合せください。

詳細をご覧ください

古代中国ではお正月にかたい飴を舐めて歯を鍛え、健康と長寿を祈願しました。歯の強弱は年齢を象徴するものと考えられたことに由来するならわしです。日本でも宮中では迎春に鹿や猪の肉をはじめ、かたい食材をあえて食する歯固のならいがあり、天皇にも健康と長寿を祈願して「御歯固の献立」が献上されました。これらは「源氏物語」などにも綴られています。お子様の「喰べ初め」の歯固石も同様の祈りが託されています。ちなみに、新熊野神社の「祈願の黒石」は「磨くほどに光り輝く原石、幾多の試練を乗り越える試金石のように、また椥の木のように困難を薙ぎ倒し、大樟のように健やかに大きく育て…」との願いを込めて大神と由来の深い黒石を歯固石としました。

貴家の紋入お膳をお誂えいたします。
見本となるお品(風呂敷など)をご持参ください。

紋入代/1紋 3,000円(消費税別途)

  • プリント
  • プリント
  • プリント
  • プリント
  • プリント
  • プリント

Copyright ©Kyoto Shimazu. all rights reserved.