京都島津、雛人形(ひな人形)の飾り方

 

女の子の「ひいな遊び」が、やがて幸せを願う行事に。

平安時代の宮廷では姫君や貴族の女性たちが「ひいな遊び」に興じていました。「ひいな」とは「可愛いもの」という意味で、男女一対の「ひいな」に綺麗な調度品を飾って遊びました。これに、3月3日の「上巳の節句」が結びついて女児の幸せを願う「ひな祭り」になっていきました。ちなみに、「上巳の節句」とは3月初めの「巳の日」に幼児のそばに「紙雛」などの魔除け人形を置き、厄を祓うという風習です。このようにして「ひな祭り」が盛んになると宮中装束を模した美しい「内裏雛」も飾られるようになっていきました。

元禄時代から段飾りが盛んになり、十五人の七段飾りも登場。

今日のひな人形には「親王飾り」から「二段飾り」、「三段飾り」、「五段飾り」、「七段飾り」までありますが、段飾りが盛んになるのは元禄時代からです。ひな祭りが広く庶民に普及した江戸時代のはじめ頃は、座敷の一角に屏風を置き、その前に平台を配して、「立ち雛」や「坐り雛」を飾りました。その後、ひな祭りが女児の初節句を寿ぐ祭礼として大切にされ、豪華さを増すにつれて段数も多くなっていきました。三人官女、五人囃子、随臣など、お飾りも多彩なものになります。この優美華麗なひな人形を象徴するのが、十五人揃えの七段飾りです。なお、日本では古来より右大臣より左大臣の方が上位であり、殿が左(向かって右)というのが本来の姿として、有職ひな人形のお飾りの位置もこれにのっとった飾り方をしています。ちなみに、「左近の桜」、「右近の橘」も御所紫宸殿を模したものです。

雛人形ラインアップ

  • 十五人飾り

  • 五人飾り

  • 親王飾り

Copyright ©Kyoto Shimazu. all rights reserved.